ENEOS、静岡に次世代エネ拠点計画 再エネ水素等

  • 印刷
  • 共有
事業スキーム(出所:エネオス)
事業スキーム(出所:エネオス)

エネオス(東京都千代田区)は8月4日、自社の清水製油所跡地(静岡県静岡市)を中心とした次世代型エネルギーの供給拠点ならびに次世代型エネルギー供給プラットフォームを構築すると発表した。2024年4月に周辺施設への電力供給を開始し、2024年度中に水素ステーションの開所を目指す。

具体的には、太陽光発電設備(約3MW)で発電した電力を、自営線を介して周辺施設や水素ステーション内の水電解装置(水素製造装置)へ供給する。また大型蓄電池(約7,700kWh)の充放電、水素製造装置の稼働管理などを組み合わせて、EMSによる最適制御を行い、地産地消による再エネの有効活用や受給安定化を図る。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報