花王、トレーラー輸送船を定期航路化 社内炭素価格考慮で実現

  • 印刷
  • 共有
RORO船への貨物搬入(出所:花王)
RORO船への貨物搬入(出所:花王)

花王(東京都中央区)は10月8日から、和歌山工場から首都圏への製品輸送にトラックの運転車両を切り離してトレーラー(貨物部分)のみを運搬する船舶RORO船(Roll-on Roll-off)を、毎週土曜日の定期航路として運行を開始した。

CO2排出量を年間355トン削減できる見込み。一部輸送ルートで運送費用が増加するものの、ICP価格(インターナルカーボンプライシング、社内炭素価格)18,500円/トン-CO2を考慮することで取り組みが実現した。

長時間・長距離輸送の負担軽減、CO2排出量削減も

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報