SAF導入に向けた官民協議会、製造・供給WGを設置

  • 印刷
  • 共有

持続可能な航空燃料(SAF)の導入促進に向けた官民協議会(事務局・資源エネルギー庁、国土交通省)は、国産SAFの製造・供給に関する課題について専門的な議論を行う場として、同協議会の下に製造・供給ワーキンググループ(WG)を設置した。7月29日、同WGは第1回会合を開催した。

同WGには官民協議会における需要サイド、供給サイドのメンバー、関係省庁などが参加し、今後、国産SAFの製造・供給、SAF原料の安定確保などをテーマに検討を進める。

構成員の企業・団体などは以下の通り。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報