SWAT社、東京都と「自動車利用抑制」で協働

  • 印刷
  • 共有
町田市民バス「まちっこ」(出所:SWAT Mobility Japan)
町田市民バス「まちっこ」(出所:SWAT Mobility Japan)

SWAT Mobility Japan(東京都中央区)は9月26日、東京都との協働事業として、CO2排出量の可視化を通じて、自動車から公共バス利用へ行動変容を促進する事業を開始したと発表した。

同社は「自動車利用の抑制」をテーマとした東京都主催のピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」で優勝し、今回の事業を行う。2022年10月~2023年2月にかけて、町田市内を走行するコミュニティバス「まちっこ(相原ルート)」を対象に、自家用車利用時と公共路線バス利用時のCO2排出量を可視化し、市内においてポスター掲出・デジタル広告などによる情報発信を行う。これにより、自家用車を利用している住民の行動変容を促し、公共バスの利用を促進する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報