川崎汽船、印鉄鋼大手JSWと「脱炭素化」で共同研究

  • 印刷
  • 共有
オンライン調印式の様子。(左から)JSW STEEL社のPranab Kumar Jha氏と、川崎汽船 常務執行役員 田口 雅俊氏(出所:川崎汽船)
オンライン調印式の様子。(左から)JSW STEEL社のPranab Kumar Jha氏と、川崎汽船 常務執行役員 田口 雅俊氏(出所:川崎汽船)

川崎汽船(東京都千代田区)は9月7日、インドの鉄鋼大手JSW STEEL社(インド・ムンバイ)と、脱炭素化に向けた共同研究を進めるため協議会を設立すると発表した。

両社は2050年までの温室効果ガス(GHG)排出ネットゼロを共通の目標として、各社の知見を活かし、海上輸送における新たな技術や代替燃料の採用などの研究に共同で取り組む。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報