商船三井と三菱造船、液化CO2船の設計基本承認取得

  • 印刷
  • 共有
AiP授与式の様子(出所:商船三井)
AiP授与式の様子(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)と三菱造船(神奈川県横浜市)は9月6日、両社が共同開発している液化CO2輸送船(LCO2船)が、ノルウェーの船級協会デット・ノルスケ・ベリタス(DNV)から設計基本承認(AiP)を取得したと発表した。

AiPとは認証機関が基本設計を審査し、技術要件や安全性の基準を満たすと承認されたことを示す。今回は液化ガスをばら積で輸送する船舶に適用されるIGCコードとDNV船級規則に基づき、審査が実施された。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報