ファミマ、ペットボトルの再生過程をアプリで可視化

  • 印刷
  • 共有
実証実験の概要図(出所:ファミリーマート)
実証実験の概要図(出所:ファミリーマート)

ファミリーマート(東京都港区)は9月26日から、来店者が使用済みペットボトルを店頭の回収BOXに投函した後、リサイクル素材(ペレット)に加工されるまでをスマートフォンのアプリで追跡できるサービスの実証実験を行うと発表した。11月25日までの約2カ月間、「ファミリーマート立石五丁目店」(東京都葛飾区内)で実施する。

同取り組みでは、アプリの稼働状況や、消費者の行動変容、再生プラスチックの利用促進に与える影響などを検証する。なお、実証実験は、旭化成(東京都千代田区)、伊藤忠商事(東京都港区)、伊藤忠プラスチックス(東京都千代田区/CIPS)と共同で、資源循環社会の実現に向けたデジタルプラットフォーム構築プロジェクト「BLUE Plastics(Blockchain Loop to Unlock the value of the circular Economy、ブルー・プラスチックス)」の一環として取り組む。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報