三井住友銀と日本IBM、パーセフォニの炭素会計ツール提供

  • 印刷
  • 共有
 画像はイメージです
画像はイメージです

三井住友銀行(東京都千代田区)と日本アイ・ビー・エム(日本IBM/同・中央区)は8月10日、炭素会計・管理ソフトウェアの米Persefoni AI(パーセフォニ)とともに、温室効果ガス(GHG)排出量可視化・分析管理を支援するサービスの提供を開始すると発表した。

具体的には、パーセフォニのグローバル規模の炭素会計プラットフォームを、コンサルティング・システム導入・構築において多数の実績がある日本IBMとともに、三井住友銀行がその顧客に提供する。これにより、顧客の脱炭素に向けた取り組みを支援する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報