エコカー最前線!

日本の定番「カローラ」、大幅改良でハイブリッドの走り充実

  • 印刷
  • 共有

カローラは、まだ定番なのか?

トヨタの「カローラ」が9月中旬、フルモデルチェンジした。1966年の初代登場から数えて今回が12世代となる。

高度成長期には、トヨタの定番商品というより「日本人にとっても定番」と呼べるほど大衆車の代表格となった。カローラを基盤に、トヨタ全体の商品戦略はコロナ、カリーナ、マークⅡ、そして「いつかはクラウン」というステップアップ方式のモデル構成が構築されていく。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報