> コラム > 謎多き米ベンチャー・フィスカーの末路
エコカー最前線!

謎多き米ベンチャー・フィスカーの末路

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2009年LAショーにて。

2009年LAショーにて。

EVの仲間、レンジエクステンダー。
エンジンを発電機としてのみ使用し、モーター駆動するEVを指す。

この領域で世界の注目を浴びてきた、米ベンチャー「フィスカー・オートモーティブ」(以下、フィスカー)。

そろそろ、同社の事業の末路が見えてきたようだ。

売却話、社員の75%解雇が報道される

ロイター通信が2013年3月末から4月頭にかけて2回、フィスカーに関するニュースを流した。

最初、3月28日の報道は、同社が米破産法の申請手続きのために、米弁護士事務所と契約を結んだというもの。その背景には、フィスカーが「戦略的パートナー」と呼ぶ、中国地場の自動車メーカーへの売却話が流れたため、とも言われている。具体的に、東風汽車、や吉利汽車の名前が取り出たされていた。

2度目報道は4月5日、フィスカーの全従業員の約75%にあたる約160人を解雇したというもの。これは、破産法の申請を逃れるためとも報じられている。

破産するのかしないのか、または会社は完全に解散するのか。そうしたマネーゲームのラップアップ(尻拭い)がどうなろうとも、同社の「謎」は結局最後の最後まで、分からずじまいになりそうだ。

(※全文:1,858文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.