> コラム > 燃料電池自動車(FCV)普及に向けて横浜市が広報活動を強化
エコカー最前線!

燃料電池自動車(FCV)普及に向けて横浜市が広報活動を強化

赤レンガ倉庫で2年ぶり開催

「ル・ボラン カーズ・ミート2021横浜」(2021年5月29日~30日)が横浜赤レンガ倉庫で行われた。

028238-001

イベント会場の様子(筆者撮影、以下同)

ル・ボランは輸入車を中心に扱う自動車雑誌、またル・ボランのウェブサイトがカーズ・ミートで、これらメディアの読者や自動車ユーザー向けの無料イベントとして実施されている。

2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったが、11回目となる今回は感染予防策を十分にとっての2年ぶりの開催となった。

会場は、2棟の赤レンガ倉庫の間にある屋外部分を使い、メルセデスベンツ、BMW、Audi、ボルボ、レンジローバー、ベントレーなど欧州の高級車ブランドの新型車がズラリと並んだ。

そうした中に、トヨタの燃料電池車「MIRAI」と、超小型モビリティ「C+pod」の

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.