エコカー最前線!

スバルがBEV戦略を大幅修正、2030年BEV50%へ

  • 印刷
  • 共有

SUBARUが電気自動車(BEV)に関する事業戦略を大幅に見直す。

8月2日に行った2024年3月期第1四半期決算発表に合わせて公開した「新経営体制における方針」のなかで、明らかにした。

2030年の電動車販売比率とBEVのみで50%に

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事