> コラム > 中国のEVは安全か?
エコカー最前線!

中国のEVは安全か?

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

いきなりのEVブームで注目集まる中国市場

今年夏以降、世界はいきなりEVブームになった。

英国とフランスの両政府が、2040年までにガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると公約した。

また、昨年から積極的なEV政策を打ち出しているインドは、エネルギー関連の大臣が2030年までに販売する全ての自動車をEVにすると大胆な施策をぶち上げている。

こうした、いまから10年、20年先といった長期的な観測ではなく、『来年・2019年から』という短期的な視点でEVの普及が必然となっているのが中国だ。

中国政府は米カリフォルニア州環境局と共同で、EVなどの次世代自動車の利用を義務化する法案を研究してきた。それが、NEV(新エネルギー車)法だ。

(※全文:1600文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.