> コラム > 津波対策用の乗り物とは?
エコカー最前線!

津波対策用の乗り物とは?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

不思議な乗り物たち

“不思議な乗り物たち”に出会った。
場所は、震災対策技術展(2013年2月7~8日、パシフィコ横浜、振動技術展併催)。

この開催直前、ソロモン諸島でマグニチュード8.0の巨大地震が発生。日本の太平洋側沿岸各地で津波を観測。多くの日本人が、東日本大震災の体験を呼び覚まされた。

同技術展では各種セミナーを開催。内閣府、気象庁などの主要セミナーは、数日前から定員オーバーで受付が締め切られるほどの盛況だ。

展示会場内は、約250ブースに官公庁と民間企業が出展。地震対策、電力対策、非常時通信対策、水害対策、そして救助・救援支援などの最初製品と情報を提供した。

こうしたなかで、人目を引いたのが、数社が出展した球体状の物体だ。

ライフアーマーNEO

ライフアーマーNEO

例えば、ポンド(大分県別府市)の「ライフアーマーNEO」。商品名目は、地震津波用シェルターである。

直径は1.2m、重量80kg、素材はガラス繊維強化プラスティック、そしてハッチの直径は60cm。

ボディカラーはブルーグレーとピンクの二色。乗員は最大4人という。

(※全文:1,842文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.