> コラム > 三菱の軽EV、『ほぼ量産型』の登場で感じること
エコカー最前線!

三菱の軽EV、『ほぼ量産型』の登場で感じること

三菱自動車工業は、カスタマイズカーの国内最大級イベント「東京オートサロン2022」(2022年1月14日~16日、千葉県幕張メッセ)で、軽自動車のEV(電気自動車)「K−EVコンセプト Xスタイル」を初公開した。

三菱は、日産と軽自動車の共同企画開発企業・NMKVでこれまでに「デイズ」や「eKワゴン」などを企画・量産しており、EVについても2022年央に発売することを明らかにしていた。

今回の「K−EVコンセプト Xスタイル」発表で、報道陣やユーザーが驚いたのは、外観デザインが量産車の「eKクロス」と『ほぼ同じ』だったことだ。

三菱の加藤 隆雄社長は報道陣向けの取材で、「普及させるためにこの外観に拘った」と説明した。

つまり、EVはもはや

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.