エコカー最前線!

トヨタが人員の配置転換を急いだワケとは?

  • 印刷
  • 共有

見えない出口を探す試練

トヨタは現在、新車開発に関する人員の配置転換を進めている。その背景には、独ダイムラーが自社マーケティング用語としてCASEと呼ぶ次世代自動車産業への対応がある。

なかでも、電動化については、アメリカや中国でのEV(電気自動車)などの新エネルギー車販売台数規制への対応、または欧州でのCO2排出量に対する量的規制へのマッチングなど、『足元での規制』を必死で追いかねなければ、という事情がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報