> コラム > 日産「リーフe+」の充電性能アップ 今後、EVは一気に普及するのか?
エコカー最前線!

日産「リーフe+」の充電性能アップ 今後、EVは一気に普及するのか?

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

急速充電での充電性能がアップと説明

日産「リーフ」の追加モデル、「e+」。特徴は、ベースモデルに比べて満充電での航続距離が約1.4倍も増えたこと。燃費や航続距離の世界基準である、WLTCモードで458kmとなった。航続距離が増えたのは、搭載する電池パックの容量を増やしたからだ。ベースモデルの40kWhに対して、62kWhとした。

その上で、日産が報道陣向けに行ったプレゼンでは、充電性能もアップしたと説明した。それによると、50kWの急速充電において、SOC50%からの30分充電量は40%アップ、という。

(※全文:650文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.