> コラム > 自動車メーカーのシリコンバレーシフト
エコカー最前線!

自動車メーカーのシリコンバレーシフト

桃田 健史

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

イメージとは違う、シリコンバレーの姿

「シリコンバレー」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか?高層ビル郡、産学官が連携した広大な研究エリア、洒落たレストラン街。

だが実際は、まったく違う。ザックリとした表現をすれば、「古めかしい」。

北カリフォルニアのサンノゼ市、その北部周辺をシリコンバレーと呼ぶが、このあたりは1960年代~1980年代に開拓が進んだエリア。そうした「ひと昔前の街並み」のなかに、新興企業が点在している。そのため、高層ビル郡はカリフォルニア湾のすぐ近くに、「オラクル」などいくつかある程度で、けっして乱立してはいない。

また、シリコンバレーの中核をなす大学としては、スタンフォードがある。だが同校の敷地はけっして広大という規模でもなく、一般的なサイズ。構内の雰囲気も、産学官連携の最新鋭施設が目白押しと感じでもない。

そして、レストランやファッションなど、消費者カルチャーの発信拠点も、シリコンバレーでは目立たない。ロサンゼルス等と同様、老朽化した建物を改装したメキシカン料理店を数多く目にする。

北カリフォルニアの風土と社会基盤として、地域社会の持続性を大切にする。住民たちも、どこか「落ち着いている」感じがある。派手好きの南カリフォルニアとは対称的だ。これは、街を走っているクルマでも感じられる。南カリフォルニアならば、ベントレー、マセラッティ、フェラーリなど、ファンシーなヨーロピアン・ハイブランドがチラホラ。

さらに、レクサス、インフィニティ、アキュラ、メルセデス、BMW、アウディ、キャデラックなどをステイタスシンボルに。さらに、アメリカンSUVたちが大手を振って闊歩している。それが、シリコンバレー周辺の北カリフォルニアでは、80~90年代のクルマを大切に使う人が多く、最新型ファンシーカーは目立たない。

そんなシリコンバレーで最近、大きな動きがある。

(※全文:1,775文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.