エコカー最前線!

残念! 熊本県が超小型モビリティ実証試験を「幕引き」

  • 印刷
  • 共有
熊本での超小型モビリティの実証試験は基本的に終了。こうして市内を走る姿を見ることもなくなる。
熊本での超小型モビリティの実証試験は基本的に終了。こうして市内を走る姿を見ることもなくなる。

6年間の全国実証試験の最終年度

国が実用化を進めている、超小型モビリティ。自動二輪車と軽自動車の“中間の車両規定”として、「新しい交通手段」として期待されてきた。だが、現状は「正念場に差し掛かった」と言わざるを得ない状況だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報