エコカー最前線!

SUBARU 『2030年電動化40%』が意味することとは

完成車検査不正問題を反省し、襟を正し再出発

SUBARUは2020年1月20日、本社ビル(東京都渋谷区恵比寿)でSUBARU技術ミーティングを実施した。同社としては事実上、初の試み。

午前中は、企業広報扱いとなる新聞、テレビ、経済メディア、証券アナリストなど向けで、午後に筆者を含む自動車関連メディアやジャーナリスト向けでとなった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報