> コラム > SUBARU 『2030年電動化40%』が意味することとは
エコカー最前線!

SUBARU 『2030年電動化40%』が意味することとは

完成車検査不正問題を反省し、襟を正し再出発

SUBARUは2020年1月20日、本社ビル(東京都渋谷区恵比寿)でSUBARU技術ミーティングを実施した。同社としては事実上、初の試み。

午前中は、企業広報扱いとなる新聞、テレビ、経済メディア、証券アナリストなど向けで、午後に筆者を含む自動車関連メディアやジャーナリスト向けでとなった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.