エコカー最前線!

EV・PHEV用充電インフラ事業は、本当に好調なのか?

  • 印刷
  • 共有

マスコミを賑わす「良い話」

トヨタ、日産、ホンダ、三菱自工は5月30日、4社共同出資の充電インフラ関連事業を統括する「日本充電サービス」を設立したと発表した。資本金は1億円で、4社それぞれが2000万円、また日本政策銀行が2000万円出資する。利用者は専用カードによって会員サービスが受けられる仕組みだ。詳しくは、同社ウエブサイト参照。

4社は2013年7月29日に、電動車両(プラグインハイブリッド車、EV)の充電器の設置活動を共同で推進すること、及び、利便性の高い充電ネットワークサービスの構築を共同で実現することで合意した。同発表時点で、日本国内の充電インフラの普及状況は、「CHA de Mo」型の直流急速充電器が約1700基、また交流の普通充電器が約3000基だった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報