エコカー最前線!

エコカーにも、米アップルの直接的な影響が及ぶ時代が到来

メルセデスベンツの記者会見。「CarPlay」の説明が始めると詰めかけた他自動車メーカー関係者は真剣な顔になった。
メルセデスベンツの記者会見。「CarPlay」の説明が始めると詰めかけた他自動車メーカー関係者は真剣な顔になった。

「CarPlay」に対する驚きと誤解
米アップルがついに、自動車産業に対して本気になった。

先週のジュネーブショーで世界初公開された、「CarPlay」がその証明だ。これは同社が2013年6月、サンフランシスコで開催した毎年恒例のWWDC(World Wide Developers Conference)で発表した「iOS in the car」の量産バージョンだ。端的に言えば、そのシステムとは、iPhoneの音声認識技術「Siri(シリ)」を使い車載器側でアップル独自の画面表示の上で操作するもの。操作はSiriだけでなく、タッチパネル、またはコントローラーなど各自動車メーカーが搭載するHMI(Human Machine Interface)によっても行える。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報