エコカー最前線!

マツダが次世代バイオディーゼル燃料仕様の新型レースマシンを初公開

  • 印刷
  • 共有

マツダは、2022年11月5~6日にかけて開催した自社イベント「MAZDA FAN FESTA 2022 in OKAYAMA」(岡山国際サーキット)で、新型レースマシン「MAZDA 3 Bio Concept」を世界初公開した。

同車両は量産モデル「MAZADA 3 FASTBACK」をベースとして、車体の強化、レース用のサスペンションの採用、そしてエンジンには量産モデルでは設定がない、排気量2.2リッターのクリーンディーゼルエンジン・SKYACTIV-D 2.2を搭載した。

燃料には、ユーグレナ社がミドリムシなどバイオ由来の原料を用いて精製した次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」100%に対応している。

IMG_5787 (1)
「MAZDA 3 Bio Concept」外観(筆者撮影)

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報