> コラム > COP25で改めて明らかになった、日本自動車メーカーの将来への不安
エコカー最前線!

COP25で改めて明らかになった、日本自動車メーカーの将来への不安

EC中心で、米中とは距離感

気候変動に関する国際会議「COP25」(2019年12月2~13日:スペイン・マドリード)が開催されている。当初、開催地に予定されていた南米チリは治安悪化など社会情勢が不安定なことから急遽、スペインでの開催に変更された。

COP25には世界190の国や地域が参加。主要議題は、パリ協定に対する詰めの協議である。そのパリ協定についてアメリカは11月、正式に離脱を通告した。

また、中国はCOPに対して、ある一定の距離を持ちながら接している印象がある。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.