エコカー最前線!

トヨタが2020年、自動運転の量産化を目指すワケ

  • 印刷
  • 共有
レクサス「GS」を使った、トヨタの自動運転実験車両。首都高速での走行の模様。
レクサス「GS」を使った、トヨタの自動運転実験車両。首都高速での走行の模様。出典:トヨタ自動車。

トヨタは10月6日、「2020年までに自動運転を市場導入する」と発表した。これを受けて、テレビ、新聞、経済メディア等を対象とした自動運転車の同乗試乗を東京・首都高速で行った。この「2020年」という目標年。当然、東京オリンピックを意識している。だが、そこのは別の要因が隠されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報