> コラム > コロナ禍で分かった「チャレンジ・ゼロ」実現に向けた難しさ
エコカー最前線!

コロナ禍で分かった「チャレンジ・ゼロ」実現に向けた難しさ

大義名分として…

日本経済団体連合会(経団連)は2020年6月8日、地球温暖化など気候変動問題への対応として企業自らが脱炭素社会の実現に向けた取り組み「チャレンジ・ゼロ」を表明した。

参加するのは、石油元売りや電力などエネルギー関連企業、自動車など輸送機械関連企業、電気電子機器関連企業、鉄鋼など素材関連企業、デパートなど小売り企業、航空や船舶などサービス事業といった多種多様な分野の約130社だ。

ここで掲げる「ゼロ」とは、パリ協定による温室効果ガスのネット・ゼロを指す。

経団連としては、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.