> コラム > ホンダが、「新車価格50万円を切る乗用車」を発売!?
エコカー最前線!

ホンダが、「新車価格50万円を切る乗用車」を発売!?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ホンダ青山本社1Fのショールーム。手前が「N One」、奥に「フィット」

ホンダ青山本社1Fのショールーム。手前が「N One」、奥に「フィット」。

先日、朝日新聞のウエブサイトに、そんな記事が載った。
これは、同社記者に対してホンダの役員が答えたもの。仕向け地は、インド。時期は2016年としている。

本件に対して、ホンダから正式なプレスリリースは出ていない。
だが、ホンダのこれからの事業計画を考えると「当然の発言」だと思える。 そこにはいくつかの裏付けがある。 

(裏付け・その1)2016年という時期

ホンダは2012年9月、青山本社で「社長会見」を行なった。これは事実上、中期経営計画の発表だった。

そのなかで、2016年3月期に四輪車の世界販売台数で、600万台を目指すとした。これは2012年暦年(1~12月)実績の約1.5倍に相当する野心的な数値だ。その内訳として、300万台が北米を中心とした先進国市場で、300万台を新興国市場での達成と算出している。

(※全文:1,781文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.