エコカー最前線!

従来の移動体の枠を超える次世代e-Mobity

歩行補助のための超小型モビリティ『UNIMO(ユニモ)』

歩行補助のための超小型モビリティ『UNIMO(ユニモ)』。いわゆる「セニアカー」と呼ばれるような電動クルマ椅子と同じく、歩行者扱いとなるため、最高速度は6km/h。で、3km/h、4.5km/h、そして6km/hの三段階で速度設定可能

「なんだ、こりゃ?」

慶応大学発のEVベンチャーとして知られる、「SIM-DRIVE」。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報