エコカー最前線!

ミシュランの新戦略 海外メーカーも日本専用『低燃費タイヤ』の時代に

  • 印刷
  • 共有

低燃費タイヤとは?

自動車に対するエコの意識は1990年代に入って世界各地で一気に広がった。エコとは、地球環境に対するエコロジーと経済効果に対するエコノミーである。

自動車ではEV(電気自動車)ハイブリッド車プラグインハイブリッド車、そして燃料電池車などの電動車がの中核として技術革新が進んできた。こうした自動車産業の変化に合わせて、タイヤの分野でも環境対応シフトが進んでいる。一般的には、低燃費タイヤと呼ばれる商品がそれにあたる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報