エコカー最前線!

コロナショックの中、新車効果はどこまで続くのか

  • 印刷
  • 共有

注目される3月の国内販売

日本自動車工業会会長の豊田 章男氏(トヨタ自動車社長)は、新型コロナウイルスの影響を加味して、ネット配信として定例記者会見で「日本社会はいま、劇的な変化が起こっており、自動車需要に先行きは見通せない」との見解を示した。

本稿執筆時点(2020年3月末)では、愛知県内のトヨタの最終組み立て工場従業員が新型コロナウイルスに感染し、工場の稼働が一時停止している。その他、欧州、アメリカ、東南アジアなど海外ではトヨタを含めて、自動車関連工場の長期稼働休止が実施されている状況だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報