> コラム > アウディ、中国で「エコカー&次世代テレマティクス」で攻めまくる!?
エコカー最前線!

アウディ、中国で「エコカー&次世代テレマティクス」で攻めまくる!?

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

世界最大の自動車王国。CESでもクルマが主役

「すべては、このクルマから始まった!」アウディ幹部の掛け声と共に、壇上に登場した1台のコンセプトモデル。2004年公開のアメリカ映画「アイ,ロボット」(主演ウィル・スミス)の劇中で走行したアウディの自動運転車だ。同作品は2035年のシカゴが舞台。脚本では、同時期には自動運転車が主流になっており、社会全体としてロボットが人間を支配する可能性を示唆していた。

今回、アウディがプレゼンテーションを行ったのは、中国の上海だ。第一回CESアジア(2015年5月25~27日)の基調講演として、24日の午後6時過ぎ、高級ホテルに隣接する大型シアターで開催。500人を超える中国人VIPと報道陣が詰めかけた。

(※全文:1,454文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.