エコカー最前線!

東芝と川崎市が次世代の水素戦略で第一歩

H2One、太陽光パネルの上空からの俯瞰写真
H2Oneは、写真上部の太陽光パネル設備も含めたパッケージ。

自立型水素エネルギーシステムの実証開始

株式会社東芝は2015年4月20日、川崎港振興協会が運営する市民施設「川崎マリエン」(川崎市川崎区東扇島)で、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の発表を行った。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報