> コラム > 池袋暴走事故での教訓
エコカー最前線!

池袋暴走事故での教訓

東京・池袋で2019年4月に発生した高齢ドライバーによる重大事故。いわゆる池袋暴走事故で、東京地方裁判所は飯塚 幸三被告(90)に一審判決で禁錮5年の実刑をいい渡した。

事故は日中、池袋の市街地で起こり、母親と幼い子供の命を奪い、そのほか通行人など9人が重軽傷を負った。

029391-2

福井市内で警察が行った、高齢の道路誘導員向けの安全運転研究の模様。その1(筆者撮影)

裁判の争点となったのは、事故発生当時のクルマの状態だ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.