> コラム > 人工知能 vs 人間 どちらが速いか ~自動運転車とサーキットでタイムトライアル~
エコカー最前線!

人工知能 vs 人間 どちらが速いか ~自動運転車とサーキットでタイムトライアル~

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

アウディは2015年7月上旬、米カリフォルニア州のソノマレースウェイで自動運転車の試乗会を行った。参加したのは、世界各国のメディア、カリフォルニアやフロリダ等の州政府関係者、そしてグーグルやフェイスブック等のシリコンバレーIT企業関係者だ。

用意されたクルマは「ロビー」と「ボビー」。両車ともにスポーティ5ドアセダン「RS7」(最高出力560馬力)をベースに開発された。2014年に完成した「ボビー」は同年10月、F1開催地としても知られるドイツのホッケンハイムリンク・サーキットで無人自動運転を成功させている。

一方、今回のイベントに向けて制作された「ロビー」は、「ボビー」が装着するステレオカメラや後部座席を外して軽量化したモデルだ。

なぜ軽量化したのか?

(※全文:1,282文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田 健史(ももた・けんじ)

自動車ジャーナリスト

1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.