エコカー最前線!

超小型モビリティの議論再び

  • 印刷
  • 共有

10年越しの議論

超小型モビリティ実現に向けて、新たなる動きが出てきた。

法的には、軽自動車と自動二輪車の中間を想定して議論が進められてきた超小型モビリティ。10年ほど前から、国土交通省内での議論が始まり、全国各地での実証試験が行われてきた。都市内での短距離移動、観光地での回遊、住宅地でのいわゆる『買い物難民』対策、そしてガソリンスタンドの閉鎖が進む中山間地域での日常の足など、さまざまなシチュエーションでの検証が行われた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報