エコカー最前線!

またしても「嘘」。呆れた三菱自動車の燃費不正

信じがたい裏切り行為

9月2日朝、国土交通省は三菱自動車工業(以下、三菱自工)の東京本社と愛知県岡崎市の事業所に立ち入り検査に入った。なぜなら、「またしても燃費不正行為」が発覚したからだ。

この3日前、三菱自工は国土交通省に対して、4月に燃費不正が発覚した軽自動車4車種以外の、現行販売9車について燃費の修正を申請したばかり。その修正に基づいて、「アウトランダーPHEV」「アウトランダー(ガソリン車)」「ミラージュ」「デリカD:5」「パジェロ」「RVR」「i-MiEV」「ミニキャブ・ミーブバン」「ミニキャプ・ミーブトラック」の現行販売車9車種について、所有者、及び過去に所有していいた顧客に対して、損害賠償の金額を発表していた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報