エコカー最前線!

寒空の下でも、パリではレンタル自転車

  • 印刷
  • 共有

最高気温8度、最低気温マイナス1度。2月末のパリは、まだまだ寒い。そして、テロの脅威はいまだになくなっていない。イスラム過激派組織(ISIL)が2015年11月13日にパリ市内で同時多発テロを行い、多くの犠牲者が出た。フランス政府は非常事態を宣言し、期間を2月25日までとしていたが、同月16日に5月26日まで期間を延長することを決めた。主な駅構内には、マシンガンを持つ警官が配備されるなど、パリ市内はまだ緊張感が残っている。

だが、ルーブル美術館の周辺には世界各国からの観光客が詰めかけており、日本の一部報道にある「パリは閑古鳥」という表現は間違いだ。こうした観光客の間で重宝されているのがレンタル自転車だ。パリ市では、自動車による大気汚染の対策として、レンタル自転車やEV(電気自動車)シェアリングの普及を進めている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報