> コラム > 新型「コムス」は、安いか、高いか?
エコカー最前線!

新型「コムス」は、安いか、高いか?

桃田 健史

記事を保存

予想外の高値!?

「トヨタ車体は、50万円を狙っている」。
「市場調査をすると、『50万円までならば買うかもしれない』という声が圧倒的だ」。この2年程の間、筆者が「2人乗り超小型モビリティ」関連で全国各地を取材するなか、自動車業界関係者の多くが漏らした言葉だ。

さらに昨年後半から今年春頃にかけて、日本国内の各種展示会場でトヨタ車体関係者は「1人乗りでも、60~70万円程度になる」と漏らした。

そして2012年7月2日。メガウェブ(東京都江東区)で開催された、新型「コムス」記者発表・試乗会で明らかになった車両価格は以下の通りだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.