> コラム > 「EVバイク」、初期ブームの終焉が明確に
エコカー最前線!

「EVバイク」、初期ブームの終焉が明確に

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

利用シーンを自分でイメージ出来ない「自動二輪車」ユーザー?

毎年恒例の東京モーターサイクルショー(2014年3月28日~30日/於 東京ビックサイト)が開催された。今年で41回目となる。

初日28日(金)午前中は、報道陣やディーラー関係者向けの特別招待。同日午後1時から一般公開となると、バイクファンが一気に会場を埋め尽くした。

日本二大メーカー、ホンダとヤマハのブース内は大混雑。世界初公開の参考出展モデルの周りには、キャンギャル目当てではなく、バイクの詳細を捉えるアマチュアカメラマンが集結。また、各種の量産車には来場者自らは跨って、バイクを全身で味わっている。

同会場の屋外では、各メーカーが最新モデルの合同試乗会を実施。誓約書に記入すれば、二輪免許保持者なら誰でも気軽に参加できる。順番待ちに長い列ができた。

こうした会場内を取材していると、「バイクもまだまだ元気じゃないか」と思ってしまう。

だが、各メーカーの関係者に話を聞くと、皆一応に「二輪車国内市場の縮小傾向は止まっていない」と漏らす。

(※全文:1,727文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田 健史(ももた・けんじ)

自動車ジャーナリスト

1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.