> コラム > 2019年までに全モデル電動化のボルボが米工場を開業
エコカー最前線!

2019年までに全モデル電動化のボルボが米工場を開業

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ボルボ史上初のアメリカ工場

スウェーデンのボルボといえば、1927年創業の老舗自動車メーカーで、SUVやワゴン系クロスオーバー車の分野で日本を含めて世界各地で人気高いプレミアムブランドだ。

販売台数は近年上昇傾向にあり、2017年は57万台を記録し、2018年に入っても世界各地で好調な販売を続けている。

そうした中で、アメリカ東海岸のサウスキャロライナ州チャールストン郊外に同社としてアメリカ初となる完成車工場を開業した。年間生産能力は一般的な自動車メーカー工場として中規模にあたる15万台である。

北米市場でボルボは、ミッドサイズSUVのXC60、またフルサイズSUVのXC90が販売の主力で、その他にアメリカの乗用車市場の中核であるプレミアムセダン向けにS60とS90を販売している。

(※全文:1114文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.