> コラム > ホンダ、CEATEC初登場の理由
エコカー最前線!

ホンダ、CEATEC初登場の理由

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

日系ビック3、初の揃い踏み

最先端IT・エレクトロニクス総合展の「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1日~5日)で、自動車関連の展示が目立った。

トヨタは、豊田市で行っている次世代交通の実証試験「Ha:mo (ハーモ)」で参加車両を拡充すると発表。今年9月まではトヨタ車体「コムス」10台を使用し、10月1日から同45台、さらに10月中旬から100台とする。

また、電動アシスト自転車のヤマハ「PAS」も現在の10台から10月1日に52台とし、今後100台体制を目指す。この他、来年から「i-ROAD」を採用する。

同車は今年3月、スイス・ジュネーブショーで世界初公開された次世代型の電動三輪車。一般路での車線専有をしないように車幅を抑え、オートバイのようにリーンしてコーナーリングするのが特長だ。同車の展示ステージ前には、大勢の人が興味深そうに集まっていた。

(※全文:1,863文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田健史 (ももた・けんじ)
桃田 健史(ももた・けんじ)
自動車ジャーナリスト。1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.