> コラム > エクリプスクロスPHEV試乗 想像以上の出来ばえ
エコカー最前線!

エクリプスクロスPHEV試乗 想像以上の出来ばえ

引き締まった走り

三菱自動車工業(以下、三菱)が2020年12月4日に発表と同時に国内販売を開始した、「エクリプスクロスPHEV」。技術概要についてはすでに紹介したが、2020年末に当該車両に試乗する機会を得た。静岡県の東名高速道路・御殿場インター付近のホテルを起点とした、報道陣向けの公道試乗会である。結論からいうと、想像以上に良い走りで驚いた。「ターマック」モードでの走りが絶品だ。

026990-2
026990-3

エクリプスクロスPHEV。静岡県内での試乗の途中で撮影。車両の前後(筆者撮影)

「ターマック」とは、ラリー競技などで舗装路を指す。未舗装路は「グラベル」という。「エクリプスクロスPHEV」には、前後それぞれにひとつ、合計2つの電気モーターがあり、これと四輪制御システム「S-AWC」を連携させている。その上で、走行状況に応じて、エコ、ノーマル、スノー、ターマック、グラベルという、5つのドライブモードが選択できる。今回の試乗では、雪道や未舗装路での走行機会はなく、市街地や山間部のワインディング路が主体となったため、エコ、ノーマル、そしてターマックでの走りの差を確認した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.