> コラム > 1300万円級の高級エコカー、レクサスLC500hの乗り心地
エコカー最前線!

1300万円級の高級エコカー、レクサスLC500hの乗り心地

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

未来レクサスの、けん引役

レクサスインターナショナルは今年3月16日、レクサスのモデルラインアップで最上級クーペとなる「LC」を日本国内で発売を開始した。

同車は2016年1月の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)で量産に向けたコンセプトモデル最終形が発表され、世界各国から注目が集まっているクルマだ。

最も大きな注目点は、「GA-L」と呼ぶ新しいプラットフォーム。日本語では、車体と表現することが多いが、クルマの基本性能を大きく左右する、クルマの骨格である。「GA-L」は今年後半に発売開始が予定されている、セダンの「LS」でも採用する。

この他、パワートレイン(動力系統)での注目は、トランスミッション系。

(※全文:2216文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.