エコカー最前線!

レクサスが「レクサス・エレクトリファイド・プログラム」を拡充

  • 印刷
  • 共有

レクサスは6月15日、電気自動車(BEV)オーナー専用サービス「レクサス・エレクトリファイド・プログラム」の一環として、東京ミッドタウン日比谷に「レクサス急速充電ステーション」を設置した。

「レクサス・エレクトリファイド・ジャーニー」とは

トヨタは、将来の事業構想として、レクサスの全モデルを2035年までにBEVにすると表明している。BEVへの商品転換のため、2030年までに全国約100カ所で「レクサス急速充電ステーション」を設置する予定だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

イベント情報