エコカー最前線!

東京パラ選手村でモビリティ接触事故発生 問われる、自動運転のこれから

アスリートとの接触事故

東京オリンピック・パラリンピック選手村内では、トヨタが研究開発した次世代モビリティ「e-Pallet」が運行され、アスリートや大会関係者が選手村内を屋外移動する際、便利な乗り物として利用されてきた。

ところが、東京パラリンピック開催中の2021年8月26日午後2時ごろ、e-Palletとパラリンピック参加選手が接触事故を起こし、事故発生時点から8月31日午後3時までの運行が休止された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報