エコカー最前線!

東京都港区内で、日本初のライドシェアリング開始

ダイムラー資本のベンチャー

森ビル、メルセデス・ベンツ日本、そして米ベンチャーのViaの3社が2018年8月1日、都内で記者会見し、同日から1年間にわたり、港区内で新しいライドシェアリングサービスを開始することを明らかにした。

使用する車両はメルセデスの大型ミニバンのVクラス。当初は4台を投入して、港区内にある六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど森ビルが所有する施設間で運行する。利用するのは約1,300人の森ビル社員で料金は無料だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報