エコカー最前線!

マツダが「奥の手」をついに公開。 ロータリーエンジンのエクステンダー登場!

  • 印刷
  • 共有

どの自動車メーカーも欲しがる
発電用の小型エンジン

2000年代に入り、トヨタのハイブリッド車が普及し始めると、世界市場でクルマの電動化の議論が活発になった。そうしたなかで、自動車業界関係者の多くが、基本的なロードマップ(技術進化)の共通理念を持つようになった。

それが、「ガソリンエンジン/ディーゼルエンジン車 → ハイブリッド車 → プラグインハイブリッド車/レンジエクステンダー → EV → 燃料電池車」という流れだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報