> コラム > EVブームは本当に終わったのか?
エコカー最前線!

EVブームは本当に終わったのか?

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

食品展示会のなかにチラホラ

「それにしても、ちょっと、これは…」。
2014年9月17日、東京ビッグサイト・東ホール。国内唯一のEV・PHVに特化したトレードショーと銘打たれた「EV・PHV普及活用技術展2014」、通称EVEX。開催初日にあたる同日、午前11時(開場は午前10時)に現地入りした筆者が、場内でバッタリ出会った複数の人たちが、会場内の”違和感”を指摘した。その人たちは自動車メーカー等で古くからEV(電気自動車)に携わってきた技術者だ。

EVEXは2010年、パシフィコ横浜で初開催され、今年で5年目を迎えた。筆者はそのうち、初回と今回を含む4回を現地取材している。2010年といえば、日産「リーフ」と三菱「i-MiEV」の量産が始まり、「EV本格普及元年」と呼ばれた。横浜の会場には日本の産学官の関係者の他にも、欧米や中国、韓国、台湾のEV関係者らが「EVの将来像」を探りにやってきた。

(※全文:1,627文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エコカー最前線! バックナンバー

この記事の著者

桃田 健史(ももた・けんじ)

自動車ジャーナリスト

1962年東京生まれ。日米を拠点に世界各国で自動車産業を主体に、各種産業を取材。日経BP社、ダイヤモンド社、各種自動車関連媒体へ執筆。また、レーシングドライバーとしての経歴を活かし、日本テレビ系列でレース番組の解説担当。近年の取材対象は、先進国から新興国へのパラダイムシフト、EV等の車両電動化、そして情報通信のテレマティクス。著書に「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ」(ダイヤモンド社刊)。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.