> コラム > テスラ「パテント開放」の真相
エコカー最前線!

テスラ「パテント開放」の真相

米EVベンチャーのテスラモータースのCEO、イーロン・マスク氏は2014年6月12日、自社サイトのブログで「All Our Patent Are Belong To You」との題目で自身の考えを示した。

パテント(特許)のすべてを開放するすれば、EV普及がドンドン進む。現在、世界市場において最も勢いがあるEVメーカーとしては、自動車産業界全体に対する社会貢献のひとつであるという主旨である。

この発表に、日本を含めた世界中の大手メディアがくいついた。「あのテスラがそこまでするのだから、これからEV市場は一気に伸びる可能性が出てきた」という論調が目立った。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.