エコカー最前線!

日産「エクストレイル」9年ぶりにフルモデルチェンジ

  • 印刷
  • 共有

日産は2022年7月20日、多目的車SUV「エクストレイル」を発表した。

ボディ寸法は、全長4660mm×全幅1840mm×全高1720mm、ホイールベースが2705mm。デザインでは、日産がSUVやピックアップトラック向けのデザインアイコンとしているVモーションを強調するフロントグリルを持つ。

エクストレイルは2000年に誕生して以来、オフロードやアウトドアに対する「タフさ」を重視したデザインと走りだったが、新型ではタフさに加えて、上質さを追求するという商品コンセプトを掲げた。

IMG_9490
新型エクストレイルの外観(筆者撮影)

実車の車内に乗り込んでみると、水平基調のダッシュボードやドアパネル、そしてシートなど、各所で上質なSUVとしての高い質感がある。

技術面での最大の特徴は、VCターボ・e-POWERとe-4ORCEとの融合だ。e-POWERは、ノート、オーラ、セレナ等が搭載している、エンジンを発電機としてのみ使う電動車だ。ハイブリッド車の種別では、シリーズハイブリッドと呼ばれる仕組みである。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報